NO MORE 映画マウンティング

主に新作映画について書きます。

東映vs.アウトレイジ抗争 『孤狼の血』感想

『孤独の血』を公開初日に観てきた。「『アウトレイジ』に対する東映の答えですね」。予告編に使われている古舘伊知郎の推薦コメントだが、近年稀にみる出色の宣伝文句だ。「 日本映画史を塗り替える」と銘打たれたヤクザと警察の物語に東映の本気を期待した観客も多いでしょう。もちろんぼくもその一人だ。
 
あらすじ
昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島・呉原市。そこは、未だ暴力団組織が割拠し、新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の「加古村組」と地場の暴力団「尾谷組」との抗争の火種が燻り始めていた。そんな中、「加古村組」関連企業の金融会社社員が失踪する。失踪を殺人事件と見たマル暴のベテラン刑事・大上と新人刑事・日岡は事件解決の為に奔走するが、やくざの抗争が正義も愛も金も、すべてを呑み込んでいく……。警察組織の目論み、大上自身に向けられた黒い疑惑、様々な欲望をもむき出しにして、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦が起ころうとしていた……。
 
はい。では「『アウトレイジ』に対する東映の答え」がどんなものだったのか。今回はきちんと原作(めちゃめちゃ面白かった)を読んでからいったのでその辺も踏まえながらレビューする。※ネタバレあり
 
 

サノスさんとトロッコ問題 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』感想

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を観てきた。異次元1on1とかスーパーヒーローの無双感とかは薄めだけど、まあとにかく豪華メンツが一堂に会して前近代的な白兵戦でぶつかり合うところはテンションあがったな。やっぱり広野で対峙する両軍が喚声あげてぶつかり合うのはスクリーン映え半端ない。それがヒーロー集結の大戦なわけだからクライマックスは文句なし。
 
まあ、この辺のアクションのすごさとかパーティ分け(ヒーローの組み合わせ)の妙についてはたくさんレビューが出ていると思う。
ぼくとしてはもちろん上記の要素を認めつつ、戦闘シーンに尺を取らざるを得ない限られたリソースでしっかりテーマを反復して後編(アベンジャーズ4)への布石をばちんと決めたことを評価したい。ドラゴンボール的な最強vs.最強なバトルアクションのスペクタクルに終始せず、究極の倫理的選択によって両者の対立を際立たせたテーマ設定とストーリー展開にマーベルの本気をみた。まだアベンジャーズ4を控えた折り返し地点のストーリーだけど、その辺について書いてみたいと思う。※ネタバレあり

 

 

鎧塚みぞれは何のシャンプーを使ってるのか 『リズと青い鳥』感想

「日常系アニメ」の究極進化形をまざまざと見せつける驚異的アニメーション。バカみたいな感想だけど、やっぱりアニメーションがきれいだった。アニメの登場人物に「この人何のシャンプー使ってるんだろう」と思ったのは初めての経験で、自分気持ち悪いなと思ったけど、それくらい鎧塚みぞれちゃんの髪がきれい。なんだあの質感は。作品の世界観にあったライティングと色彩設計。なによりもまず作画レベルが高い。
 
ストーリーは驚くほどシンプルで、とある吹奏楽部のオーボエ奏者みぞれとフルート奏者希美のすれ違いを描く。「リズと青い鳥」は彼女たちが演奏する自由曲の名前。この曲のオリジナルは同名タイトルの架空の絵本で、この絵本のストーリーをみぞれと希美の関係にオーバーラップさせつつ、「リズと青い鳥」を練習する二人を描く。
 
たったこれだけのストーリー。『花とアリス』のように思春期の友情を引き裂く三角関係が介在することはなく、全国大会優勝という大きなドラマもなく、青春と呼ぶにはあまりに静かに、ただ二人の少女に訪れた友情の過渡期を細密画のようにゆっくりと描き出す。はっきり言ってものすごい地味なストーリーなんだけど、作画×演出×展開の三つが組み合わさると十分名作になり得るんだなと改めて感心させられてしまった。
作画については予告編なりなんなりを見てもらうとして、以下では演出と展開について簡単にレビューしたいと思う。
 
ちなみにぼくはTVアニメシリーズ未見で鑑賞しました。※ネタバレあり。
 
 

liz-bluebird.com

 

続きを読む

ACT UPの教訓 『BPM ビート・パー・ミニット』感想

試写会当選したんで公開より一足先に観て参りました。カンヌのグランプリをはじめ世界の賞を総ナメにしたフランス映画『BPM ビート・パー・ミニット』。
 
 啓蒙的なメッセージを込めようと思えばいくらでもできそうな題材。
 
「オーラルセックスを含む性交渉の際は必ずコンドームをつけること」
「注射針は必ず交換すること」
 
確かに、本作を通して軽視することのできない歴史を学ぶことができるし、衛生観念を改めることもできるだろう。
 だけど、決してこの映画は観客をわかりやすい教訓へと導いてくれない。
 
 あらすじはこんな感じ。
1990年代初頭のパリ。AIDSが猛威をふるうなか、行政や製薬会社の不作為、世論の無知、差別、偏見に立ち向かった活動団体ACT UP Paris。HIV陽性のショーン(ナウエル・ペレーズビスカヤート)、ショーンと恋に落ちるナタン(アルノー・ヴァロワ)を中心に、ソフィー(アデル・エネル)やチボー(アントワン・ライナルツ)など立場や感が方は違えど、みんな同じ理想に向かってACT UPの活動に心血を注ぐ。
 
 
 
続きを読む

やっぱり広瀬すずが好き『ちはやふる 結び』感想

青春映画の新たな金字塔として大ヒットした『ちはやふる』の二部作。後編の公開初日に本作の製作が発表される。

もうこのキャストでまた映画が観れるのならなんでもいい。それで満足。正直なところかなり無理した作りになってるし、そのあたりについても書いたが、またみんなに会えたからなんでもいいや、という気持ち

 

本作の前日譚を描く『ちはやふる 繋ぐ』は未見。これから観る。

 

chihayafuru-movie.com

 

続きを読む

ピクサーの夜/アニメーションの最先端 『リメンバー・ミー』感想 

アメリカの夜』という映画をご存じだろうか。フランスのヌーヴェルヴァーグを牽引したフランソワ・トリュフォーがアメリカ映画に愛を贈った作品だ。タイトルの「アメリカの夜」はフィルムを加工して昼に撮影したシーンを夜に見せる手法の通称。カメラの感度が低く夜に撮影できなった時代に生まれた一種の特殊効果のことだ。

 

スマホですらきれいに夜景を撮れる現在、もはや映画に「アメリカの夜」は存在しない。しかし、特殊効果によって作られた夜は存在する。『リメンバー・ミー』で描かれる「メキシコの夜」はまさにその最先端だった。

 

ピクサーがはじめて挑むミュージカル映画。舞台はメキシコ。テーマは死。

主人公のミゲルは、町の英雄的ミュージシャン、デラクルスに憧れてミュージシャンを夢みるも、家族は代々伝わる音楽嫌い。それでも夢を諦められないミゲルは、メキシコの国民的行事「死者の日」に開催される音楽コンテストへの出場を決意する。しかし、当日に家族にばれてしまい、祖母にギターを壊されてしまう。

ミゲルは泣きながら家を飛び出す。そしてコンテストに出場するため、デラクルスの祭壇に飾ってある彼のギターを盗み出したその時、彼の身に異変が起こる。「死者の日」に死人の所有物を盗んだ彼は「死者の国」の住人になってしまった。

 

www.disney.co.jp

 

続きを読む

原作読者もだまされる大胆な脚色 『去年の冬、きみと別れ』感想

 
映画のオチや展開が読めたかどうかで頭の良さを競う人たちっていますよね?
 
ぼくは頭が悪いのでその手の人たちは苦手です。だから『メメント』とか『バタフライ・エフェクト』とか『ファイトクラブ』とかの複雑なストーリーを売りにする映画もあまり好きではないです。むしろこてこてのストーリーの方が好きなくらいで。
 
本作はそういった頭の良い人たちへ挑戦状を叩きつけるような映画として宣伝されていたので、正直どうかなと思いながら観にいったんですが、
 
 
やっぱりおもしろいっすね。こういう映画。
 
 
あっさり騙されましたわ。逆に清々しいくらい騙されましたわ。
 
もともと中村文則の同名原作小説がとてもよく出来ているのですが、叙述トリックが小説独自の手法なんですね。だから映像化不可能と言われていたのですが、執念の脚色で見事に実写化。
 
原作の読者も騙されること間違いなし。読んでから観てもよし、観てから読んでもよし。メディアミックスはかくあるべし、というお手本のような映画になっています。
脚本命の映画なので小説と比較しながらその辺について書いていきます。
 
映画と小説両方ともネタバレするのでお気をつけて。
 
あらすじ
フリーライターの耶雲恭介(岩田剛典)は、盲目の美少女(土村芳)が焼け死んでしまった不可解な事件の謎を追う。婚約者の松田百合子(山本美月)との結婚を控えた最後の大仕事として意気ごむ耶雲だったが、容疑者の木原坂雄大斎藤工)の取材を重ねるうちに、木原坂とその姉朱里(浅見れいな)の過去に隠された真実に迫ってしまい、百合子、そして編集者の小林良樹(北村一輝)まで巻き込む事態へと発展することに。果たして焼死事件の真相とは。
 
監督 瀧本智行
原作 中村文則
脚本 大石哲也
製作 総指揮高橋雅美
製作 池田宏之